「住まいの町医者」住環境工房らしんばんのホームページ〜らしんばんの玉手箱〜へようこそ

 
 私たちは木造住宅の耐震化率向上を目指して、真の耐震診断・耐震補強工事に取り組んでいます。

 

住まいのリフォーム塾会社概要スタッフ紹介|Q&A|お問合せHOME

  
       
 ごあいさつ住まいの健康診断耐震リフォーム施工例[新築・リフォーム]らしんばん・かわらばん 
 

耐震リフォーム

近年、相次ぐ大規模地震で、多くの木造家屋の倒壊被害が報告されています。

あなたの大切なお住まいを、耐震リフォームで守りましょう。

 
  
Contents

耐震リフォーム

耐震補強の意義
効果的な耐震補強
まがい物には要注意
正しい知識の習得
福岡市の耐震事業
写真で見る耐震補強工事
耐震基準適合証明について

株式会社 住環境工房らしんばん

〒810-0054

福岡市中央区今川2-3-3

TEL:092-739-6381

Mail: info@rashinban.com

 

外部リンク

日本木造住宅耐震事業者協同組合

 

(財)住宅リフォーム・紛争処理支援センター

 

福岡市耐震推進協議会

 

移住・住みかえ支援機構

     
  
効果的な耐震補強

 

耐震補強工事ってどんなことをするの?

補強の目指すところは、いかに建物の1階部分を潰さないようにするか、ということです。阪神淡路大震災の事例を見ても、2階だけが壊れていたり、屋根だけが落ちていたと言うような現象は全く見られませんでした。1階部分さえ潰れなければ、家の倒壊はかなりの確率で免れる事ができます。

そのために、より効果的と思われる補強は「耐力壁の追加(壁補強)」「柱のホゾ抜け防止」「基礎クラック補修」「基礎強度補修」の4点です。

 

@耐力壁の追加(壁補強)

「壁が少ない」「壁の配置が悪い」という場合は、壁を強くする、あるいは壁を新しく作るなどして補強します。

 

A柱のホゾ抜け防止

柱と土台の接合は特に重要です。強い壁を作ると柱の足下が土台から抜けやすくなります。壁補強したところの柱と、建物の平面的な4隅はホールダウン金物で補強します。

 

B基礎クラック(ヒビ)補修

基礎は建物を支える大切な部分です。その基礎にひび割れが入っていると、そこから雨水などが染み込み、土台そのものが弱くなって、てしまいます。

 

C基礎強度補強

既存の基礎がもろかった場合には横から鉄筋コンクリートで補強します。

 

 

 

耐震補強は優先順位をつけ、他のリフォームと絡めて検討を

もしリフォームを計画中なら、是非「耐震」という観点でも検討すべき。使い勝手ばかりを優先して、むやみに柱や壁を取り払えば、結果的に耐震性が劣る場合もあります。また耐震補強工事の中には、壁自体を下地から補強する、つまり壁を扱うものがあるため、他のりフォームと絡めて検討した方が、工事がスムーズだったり、工費が抑えられたりするメリットもあります。

 

項目

優先度

高い

普通

低い

高価

地盤改良

 

 

無筋基礎に配筋して有筋基礎に

 

 

土瓦屋根を葺き替えて軽量化

  

水廻り等の腐朽の進んだ柱・土台の付け替え・付け足し

  

水平剛性の確保のための床面の下地張替え

 

 

梁・胴差しの仕口部補強

 

 

バルコニーなどの軽量化

 
 

耐力壁の追加

  

ホゾ抜け防止金物(内付け)の設置

  

筋かいの追加や構造用合板による既存壁の補強

  

無筋基礎の鉄骨化

  

床・天井・小屋裏の火打ち梁の追加

 

 

ホゾ抜け防止金物(外付け)の設置

  

基礎・外壁ひび割れの補修

  

小屋裏筋かいの補強

 
 

安価

ボルトナットの増し締め

 

 

 

 

 

耐震補強の効果を証明!独立行政法人防災科学技術研究所 兵庫耐震工学研究センターでの実験

1995年兵庫県南部地震でビル、木造家屋、橋、道路、港湾など多くの構造物が未曾有の被害を被りました。これを契機に、今までの構造物の耐震性の評価方法を見直す必要が認識され、その方向性の一つに、構造物の破壊過程を調べることが重要とされました。そのためのデータを取得する必要がありますが、既存の施設にはそれを達成するだけの十分な性能を有した新たな施設建設が必要となりました。
2005年4月からの研究開始に向けて建設された実験施設が、本研究センターの
実大三次元震動破壊実験施設(E−ディフェンス)です。

 

 

実大三次元震動破壊実験施設(E−ディフェンス)

文部科学省『大都市大震災軽減化特別プロジェクト』の一環として、建築基準法が大幅に改正された1981年以前に建てられた建売住宅の実験を行いました。昨年度実施の「兵庫県近傍にて木造住宅を求む」の公募から選定した物件を、西明石から移築し、2棟の同様な住宅を同時に加振し、補強有り住宅(A棟)と補強無し住宅(B棟)の大地震時の動きに違いが見られるか検証する実験を行いました。

 

加震ケース(入力地震動)
11月21日 1995年兵庫県南部地震 JR鷹取観測波 100% 1回目 (20051121.wmv)


11月24日 1995年兵庫県南部地震 JR鷹取観測波 100% 2回目 

(20051124.wmv)

 

 

 

 

 
       
 

1998-2012  株式会社住環境工房らしんばん