「住まいの町医者」住環境工房らしんばんのホームページ〜らしんばんの玉手箱〜へようこそ

 
 私たちは木造住宅の耐震化率向上を目指して、真の耐震診断・耐震補強工事に取り組んでいます。

 

住まいのリフォーム塾会社概要スタッフ紹介|Q&A|お問合せHOME

  
       
 ごあいさつ住まいの健康診断耐震リフォーム施工例[新築・リフォーム]らしんばん・かわらばん 
 

耐震リフォーム

近年、相次ぐ大規模地震で、多くの木造家屋の倒壊被害が報告されています。

あなたの大切なお住まいを、耐震リフォームで守りましょう。

 
  
Contents

耐震リフォーム

耐震補強の意義
効果的な耐震補強
まがい物には要注意
正しい知識の習得
福岡市の耐震事業
写真で見る耐震補強工事
耐震基準適合証明について

株式会社 住環境工房らしんばん

〒810-0054

福岡市中央区今川2-3-3

TEL:092-739-6381

Mail: info@rashinban.com

 

外部リンク

日本木造住宅耐震事業者協同組合

 

(財)住宅リフォーム・紛争処理支援センター

 

福岡市耐震推進協議会

 

移住・住みかえ支援機構

     
  
福岡市の耐震事業

 

最大70万円の助成金が得られる耐震補強工事補助事業

福岡市内において、木造戸建住宅の耐震補強工事を実施する場合、福岡市より補助金を受けることが出来ます。補助金の対象となる住宅の条件は下記の通りです。 「わが家の耐震性が心配…」という方、この機会に是非、耐震補強をご検討されませんか。

<条件>

耐震診断の結果、現状の評点が1,2階とも1.0以上の場合は、補強工事の必要はありません。

1. 地域

福岡市内(市域全域)
2. 建築年数昭和56年5月31日以前に建築確認を得て建てられた住宅
3. 構造・規模平屋又は2階建ての木造戸建住宅(地階は階数に数えない)
4. 耐震の評点補強前の評点が1.0未満であり、補強後の評点が建物全体(1、2階とも)もしくは1階部分のみ(2階の評点は問わない)が、1.0以上になっていること

*評点は、1,2階ともに、X(東西)方向とY(南北)方向の2方向があります 。このうち最も低い評点をこの建物の耐震評点とみなします。

 

<補強工事前後の評点と補助金対象の可否について>

上表の「4.耐震の評点」の通り、補強後の評点が1,2階もしくは1階が1.0以上でなければ、補助金対象になりません。1,2階共に評点をクリアすることがベストですが、2階に押し潰さることがないように1階の評点クリアが必須となっています。

 

例1

例2

例3

4

5

評点

現状

1階:1.0未満

2階:1.0未満

1階:1.0未満

2階:1.0未満

1階:1.0未満

2階:1.0以上

1階:1.0以上

2階:1.0未満

1階:1.0未満

2階:1.0未満

補強後

1階:1.0以上

2階:1.0以上

1階:1.0以上

2階:1.0未満

1階:1.0以上

2階:1.0以上

1階:1.0以上

2階:1.0以上

1階:1.0未満

2階:1.0以上

補助金対象の可否

1,2階とも1.0以上にする

1階のみ1.0以上にする

2階の補強が不要で、1階を1.0以上にする

1階の補強が不要で、2階を1.0以上にする

1階が1.0未満のまま、2階のみ1.0以上にする

 

<補助金>平成24年1月現在

1戸につき700,000円を上限とし,耐震改修工事に要する費用の額の 46%に相当する額。

本制度の利用にあたっては着工前の事前申請が必要です。 私たちは、この申請に必要な書類(耐震診断報告書や補強計画書など)の作成から、窓口の申請まで代行いたします。どうぞ安心してお任せ下さい。

福岡市耐震補強工事費助成金事例集

福岡市耐震補強工事補助事業について詳しくは下記までお問い合わせください。

福岡市役所 住宅都市局 総務部 企画・耐震推進課

TEL:092−711−4580 

 

 

 
       
 

1998-2012  株式会社住環境工房らしんばん